ニュース

2009年2月 8日 (日)

社会勉強

今日下記のようなニュースを見ました。

フェリーの不明少年は無事、「乗ったのに下りない」真相は…

 和歌山-徳島間を航行していたフェリーで行方が分からなくなった少年が、別々に乗った家族と船内で合流し無事だったことが8日、わかった。

 家族は車でフェリーに乗船、少年は一人で乗船券を購入して乗ったといい、家族は「社会勉強として乗船券を買わせた。お騒がせして申し訳ありません」と話しているという。

 行方を捜していた和歌山、徳島両海上保安部が同日、発表した。それによると、少年は香川県内の小学5年生(11)。先月7日、家族5人で車で和歌山県を観光し、少年を除く全員は同日夜、和歌山港発徳島港行き南海フェリーに車で乗船。両親は少年に一人で券を買わせ、少年は一般客として乗船後、船内で家族の車に乗って下船した。

                             読売新聞より

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私は社会勉強と両親が考えた行動はよかったと思います。

人数確認をしていることを知らなかったことが騒動になったのでしょうかね?

私もこれを読んでフェリーなどは人数確認をきちんとしてくれているんだと改めて感心しました。

授業でも子供たちに社会勉強というか、いろいろなお話を聞いたりもします。

電車の切符を自分で買える子供が4年から6年までの学年で、あまりいなかったことにびっくりしました。

ほとんどが親が一緒に買っているようですね。

子供の分は自分で買ってほしいなっと思います。

こんな何でもないことからはじめることによって子供も自立心が生まれるんじゃないでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)